menu

真夏の話 ~第一話~

イエ~イ。こんばんみ。
お盆真っ只中。
墓参りはしっかりとしたか?墓石はしっかり手洗い、墓の花瓶はしっかり底のコケまで落とす。何かの事情で行けない奴はその方向に手を合わせてから遊ぶ様に。

そうそう今週の土日は代々木公園で真昼間からBBOY PARKがあるので遊びに来て下さい。俺達は日曜日の午後に出ます。勿論ICE BAHN以外にも色々なアーティストがライブするうえ無料なのでこの機会に遠方の奴も遊びに来ちゃえばいい。「日曜の午後」とだけは決まっているが詳細な時間は本当に前日の夜、ないし当日にしか分らないと思うので昼飯を会場で喰うのりで宜しく!当日はクンダリ代表ことオリジナルソウルクルーと物販でタオルを出すので(OSCはT-シャツ)汗を一滴でもかいたら買うように。決まりだから宜しく。

連日観測至上最高気温を突破の猛暑日。こちら神奈川も大変なもんです。そんな中、世に奇妙な物語です。

第一話。
あまりの暑さに車の窓を少し開けて駐車場を離れた。翌日車に乗る。笑った。車中にハンドルと天井とミラーを使って見事な蜘蛛の巣。しかも結構デカイやつ。奴だ。そう、「黄色と黒の例の蜘蛛」の巣だと葉山育ちの俺は一見して分った。

・・・。いない。

得意な訳が無い。ゴキブリも見つけたら最悪だが退治しない事には安息は訪れない。その心境だ。

・・・。いない。

それから2日後保土ヶ谷バイパスをミンちゃんさんの新作を聞きながら走っていると誰も居ないはずの助手席の天井で何か動いた!!ふと横を見るとコテコテの罰ゲームみたいに目の前に例の蜘蛛がビヨ~ンって!!!!!!

をっ!!瞬時に手ではねのけた。すると運転席のドアの閉めるための指をかける凹みにホールインワン。プラスチック素材が滑るらしく中でもがいてる!!カサカサ。最悪だ!!あせった俺は携帯で蓋!!二秒後に滑り落ちる頼りない携帯。カサカサ。クッ!!泥酔者張りの蛇行運転。ティッシュをバッバッバッって。詰め込む!!待て!!つぶれたら厄介だ!!いや、ゆるくても出てくるぞ!!バッバッバッ。バッバッバッ。やたら詰め込む。汗だく。

バイパスを降りて即路駐。ティッシュを恐る恐る道路へ。外から見たら確実に野グソのそれだ。元気に逃げ出す蜘蛛。誰も捕まえね~よとため息混じりに蜘蛛に突っ込む俺。真夏の炎天下に下やっと安息が訪れた。

じゃ、代々木でな!

玉露。
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.